So-net無料ブログ作成
検索選択

<日本振興銀>木村氏、違法性認識か 債権買い取り承認(毎日新聞)

 日本振興銀行(東京都千代田区)をめぐる検査妨害事件で、金融庁から違法性が指摘された商工ローン大手「SFCG」(破産手続き中)からの債権買い取り業務は、同行の取締役会の承認を経て実行されていたことが同行関係者への取材でわかった。取締役会には木村剛前会長(48)=5月に辞任=も出席しており、警視庁捜査2課は、木村前会長も取引の違法性を認識していた可能性があるとみて捜査している。

 関係者によると、SFCGからの債権買い取りは、貸金業者に有利なグレーゾーン金利の撤廃などで同社の業績が悪化した08年ごろに始まり、09年2月に同社が経営破綻(はたん)するまで総額1250億円に上った。買い取った債権が不良債権化するリスクがあるため、木村前会長ら4、5人の役員が出席して週1回程度行われる取締役会の承認が必要だったという。

 SFCGとの取引は、同行が同社から手数料を取って債権を買い取り、一定期間後に買い戻させる契約になっており、事実上の融資になっていた。手数料は金利に換算すると45.7%で、出資法が定める上限金利(29.2%)をはるかに上回る違法性の高いものだった。同行関係者は「金融に携わる者なら誰でも出資法違反と分かる取引だった」と話す。

 債権買い取り業務の担当役員は専務だった。専務を含めた数人の社員は、金融庁が09年6月〜今年3月に立ち入り検査をした際、SFCGとの取引などを記した数百通の電子メールをサーバーから削除した銀行法違反(検査忌避)の疑いが持たれている。

 木村前会長の事件への関与について、西野達也社長は11日に「関与はない」としていたが、12日に行った会見で、社外取締役で作家の江上剛氏は「捜査中なので差し控えたい」と話した。【酒井祥宏、川崎桂吾】

【関連ニュース
<日本振興銀>:「違法」業務で黒字化 貸出残高35倍に急増
<日本振興銀>:検査忌避容疑で家宅捜索 警視庁
<日本振興銀>金融庁、日本振興銀行を行政処分へ 出資法違反の疑い
<日本振興銀>:警視庁、検査妨害容疑で強制捜査 木村氏の関与焦点
<日本振興銀>:「違法」業務で黒字化 債権買い取り、貸出残高35倍に

宮崎で新たに感染疑い、新富町の1農家で豚(読売新聞)
荒井戦略相「違法な点ない」=事務所費問題―民主・細野氏が説明(時事通信)
大麦の新たな使い道開拓 冷たい大麦ラーメンが登場 栃木 (産経新聞)
「ただ乗り」させぬ仕組みを 大阪市生活保護外国人1万人突破(産経新聞)
九州全域での対策強化=口蹄疫で合同本部―国交省(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。